お知らせ

お知らせ

不動産業者の選び方!古家付きの土地売却のメリット

土地の売却についてご紹介いたします。悩みになりやすい古家付きの土地を売却するメリットや、失敗しない業者選びのポイントを解説いたしますので、使っていない不動産をお持ちの方はぜひお読みください。不動産は早く処分するほど節税ができ、価値もつきやすいです。

 

不動産業者に古家付きの土地を売却するメリット

古家付きの土地を不動産業者に売却するメリットは、金銭面・労力面での負担軽減ができることです。詳しく見ていきましょう。

 

解体費用をかけずに済む

土地は古家付きよりも更地のほうが高く売れやすいです。しかし、更地にするには建物を解体しなくてはならず、その費用は100万円以上になることもあります。

地価が高いエリアであれば、土地の売却価格で解体費用は回収できますが、そうでない場合は赤字になってしまうかもしれません。古家付き土地として売る場合は、解体する必要がありませんので、そうした心配をせずに売却できます。

 

現状のまま売却できる

建物としての価値がほとんどない古家は、ほとんどの場合売却後に解体されます。そのため、家の中に家財・生活用品が残っていてもそのまま売却可能です。

不動産業者や物件によって対応が違う場合もありますが、処分費用や掃除の労力をかけずに物件を売却できるのは大きなメリットです。

 

契約不適合責任が発生しない

「契約不適合責任」とは、売買時に契約書に記載されていない問題(シロアリや配管の劣化、埋没品など)に対して、売主が損害を賠償する責任を負うものです。

古家付き土地として売り出す場合は、建物ではなく「土地」として売られるため、この契約不適合責任を回避することができます。買い手候補への内見も不要です。

 

税金が安くなる

何年間も人が住んでいない、利用もしていない不動産だとしても、保有している限りは名義人に固定資産税や都市計画税などがかかります。売却すればそうした税金がかからなくなるため、大幅に税負担を減らせます。

 

管理が不要になる

人が住まなくなった家は劣化が早くなります。換気ができないため、湿気が溜まって壁や柱にカビが生え、腐食しやすくなることが原因です。そのため、防犯も兼ねて定期的に掃除や修繕作業をしなくてはいけません。近くならさほど大変ではありませんが、遠方の場合は交通費もかかります。売却すればそうした作業も不要になり、自由に使える時間が増えるでしょう。

 

土地売却をする際の不動産業者の見極め方

土地の売却では不動産業者との関係がとても重要です。満足のいく売却結果を得るために、以下のポイントに注意して見極めましょう。

 

土地の売却が得意かどうか

不動産業者には得意な分野があります。単身者向けのマンションに強いところや、ファミリー向けの戸建に強いところなど、特色は様々です。土地を売るなら、土地の買取・仲介を中心に行っている業者を選びましょう。そうした不動産業者は知識と経験が豊富で、土地についての悩みに対しても適切なアドバイスができます。

見極め方は、不動産業者のWEBサイトを見るのが早いです。土地売買の情報や売買実績が豊富なところは、土地に強い業者だといえます。

 

説明がわかりやすく丁寧か

相談や査定をしたときの説明がわかりやすいことも重要です。専門用語や難しい説明ばかりのところは、お客様重視の接客ではないことがあります。

売り方や手数料、売るまでの流れなど、いろいろな部分をわかりやすく説明し、質問にも丁寧に答えてくれる業者は、お客様一人ひとりに時間をかけている証拠です。親身な対応が期待できます。

 

回答や連絡は確実で迅速か

質問をした際に、素早く確実な返答をしてくれる担当者は、知識や経験が豊富なことが多いです。土地売却の信頼できる味方になってくれますので、業者選びではあえて質問してチェックしてみましょう。また、連絡が取りやすいことも大切です。レスポンスが悪いと売却もスムーズに進みません。

 

地域の情報に詳しいか

土地の価値は周辺環境も影響します。近くに大型の商業施設ができる、新しい道路ができるなど、地域の情報に詳しい業者だと、それを考慮した売り出しが可能です。地域情報に詳しい地域密着型の不動産業者だと、思わぬ付加価値をつけて土地を売却してくれるかもしれません。