お知らせ

お知らせ

不動産売買の査定方法・査定価格の算出方法について

一戸建てなどの不動産売買を行うときは、物件の販売価格を決める必要があります。その際に用いる方法が査定です。一口に査定と言っても「簡易査定」と「訪問査定」があり、価格の算出方法も3種類あります。

不動産の正しい価値を見極めるためにも、査定に関する基礎知識を持っておくことも大切です。

こちらでは、査定方法や査定価格の算出方法について解説いたします。一戸建てなどの不動産売買をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

戸建てを売買!不動産売買の査定方法とは?

不動産売買では、2種類の査定方法が用いられます。「簡易査定」と「訪問査定」が用いられます。

 

簡易査定

机上査定とも呼ばれる査定方法です。路線価や立地条件をはじめ、不動産情報をもとに査定を行います。現地に行かずに査定するため、精度としては低いです。しかしすぐに査定結果が出るため、不動産売買するか迷っている段階など、おおよその価格を知りたいときおすすめです。

 

訪問査定

実際に訪問して行う査定方法です。建物だけでなく、土地や周辺環境なども査定の対象となります。建物の内部を確認するため、立ち会いが必要です。

細かいところまでチェックして査定を行うため、査定結果が出るまで時間がかかりますが、精度の高い査定結果を出すことができます。

実際に売り出すときは訪問査定での査定価格をもとに販売価格を決定します。不動産会社との契約前に訪問査定が必要です。

 

不動産売買での査定価格の算出方法とは?

不動産売買で査定価格はどのように算出されるのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。査定価格の算出方法は以下のとおりです。

 

引事例比較法

不動産売買を希望する戸建てと条件が近い地域にある物件の取引事例を比較し、価格を算出する方法です。平均の坪単価を算出し、売却物件の坪数を掛け合わせた金額に築年数や広さ、最寄り駅からの距離などを考慮して査定価格を決めます。取引事例比較法は、主に土地やマンションの査定に使われます。

 

原価法

売却物件を取り壊したと仮定し、同じ建物を建てた場合にかかる費用を計算します。算出価格と現状の建物の傷みを加味して査定する方法です。原価法は、主に一戸建ての建物部分の査定に使われます。

 

収益還元法

売却する不動産が将来どのくらいの収益を生み出せるのか、収益力から査定価格を算出する方法です。投資用マンションやアパートの査定に使われます。

収益還元法には、直接還元法とDCF法の2つがあります。

直接還元法とは1年間の純利益を還元利回りで割る計算方法で、簡便的で最もポピュラーな不動産価格の算出方法です。

一方でDCF法は、不動産を所有している期間の純利益と、所有を終えて不動産を売却した際に得られる予想売却価格とを現在の価値に当てはめて計算し、その2つを合計することで不動産価格を算出するものです。直接還元法に比べると複雑な算出方法であり、収益用不動産の評価を行う場合に用いられることが多いです。

 

福岡市で不動産売買・査定を依頼するなら株式会社家づくり不動産へ

査定の種類や算出方法を押さえておくと、安心して不動産売買を進められるでしょう。福岡市の株式会社家づくり不動産では、一戸建ての不動産売買を行っております。

福岡市は地元であり、学区の区分や周辺の治安など、地域の実情にも詳しいです。そのため、独自の情報源や顧客網などを活かしながら、きめ細やかな対応でお客様のニーズに沿った不動産売買に取り組めます。不動産売買をご検討の際は、株式会社家づくり不動産まで査定をご依頼ください。