お知らせ

お知らせ

戸建ての売却前に必要なこと

福岡市で不動産売却をお考えなら、株式会社家づくり不動産にお任せください。福岡市周辺エリアで戸建てや中古住宅など不動産売却を承っており、相続や住み替えなど様々なケースに応じた不動産売却にも対応しております。

不動産売却前に必要なことは、以下のとおりです。

 

不動産の売却相場をチェックする

不動産売却を依頼する前に、自分自身で近隣の売却相場をチェックしておきましょう。相場価格を知らないまま売却した結果、「もっと高く売れていたかも…」と後悔する可能性もあります。適正価格で売却するためにも、相場のチェックは必須です。

 

ローンの残債額を確認する

住宅ローンが残っている戸建てを不動産売却する場合、ローンを清算して抵当権を外す必要があります。

ローンの借入額や残債は、金融機関から毎年10月頃に送付される年末残高証明書で確認できます。年末残高証明書が見つからないときは、銀行で借入金の残高証明書を請求できます。

査定価格よりもローンの残債が多い場合、返済にあてる自己資金を準備したり、買い替えローンの利用を検討したりする必要があります。不動産売却時に慌てることがないよう、あらかじめ残債を調べておきましょう。

 

売却スケジュールを立てる

売却までの大まかなスケジュールを立てることも必要なポイントです。基本的に不動産売却は引き渡し完了までに数ヵ月を要します。転勤などで引っ越し時期に制約がある、住み替えを計画しているなど、売却理由によって売り出すタイミングは異なるため、事前にスケジュールを立てておくと精神的にもゆとりを持って手続きを進めやすくなります。

不動産売却を成功させるうえで必要なことですが、どのようにして相場や残債などを確認すればよいのか…と悩む方も少なくありません。株式会社家づくり不動産では、売却前の準備に関する不明点などもわかりやすくご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。